旅行

サルデーニャのカーニバル:マモイアダのマンモス

Pin
Send
Share
Send


イソソアドレス、赤と白でエレガントな服を着て、マンモスの動きを整理し、鞭で観客を捕まえます。ストリートショーは私に経験を思い出させた ベリンのカーニバル ガリシアで。

パーティーではワインとチーズが不足しておらず、広場の中央でダンスが行われます。

すべてがシンプルで人気があります。町の人々は広場と通りの周りに集まり、この元々の行列は過去から来ており、中世のアクセントで時とともにその存在を語っています。

私たちは町を歩いてワインを飲み、 興味深い博物館 4ユーロのガイド付きツアーを提供しています。訪れる価値は本当にあります。彼らは非常に示唆的な視聴覚、休日の良い説明を提供し、ラザペリケイロやビエルサトランガスを含むヨーロッパ中の伝統的な中世のカーニバル衣装の興味深いコレクションも提供します。

その夜、私たちはバルバジアの首都であるヌオロで寝ることを計画していましたが、カーニバルの終了後、本当のパーティーが始まり、気づかずにパーティーの中心に完全にいました。運転を開始する時間ではないことに気付いたとき。

ワインとビールの間に私たちは幸運で、 ロカンダ・サ・ロサダ、マモイアダの中心部に、私たちは部屋を見つけました-ちなみに、一人あたり30ユーロで眠ることができ、後で運転するために自分自身を制御する義務なしにパーティーに追いつくことができました。

パーティーは朝の早い時間まで続きました。カーニバルの終わりを祝うために町全体が去っていました。広場の中央には、人々が喜んで仕えるための蛇口を備えたワイン樽でいっぱいのバンがありました。 50年代にスペイン人のスタイルのダンスホールを見つけました。21世紀には想像もしなかった子供と大人がワルツと伝統的な歌を踊りました。町中には、パネトーネ、チーズ、ワイン、通りを提供する地元の人々がたくさんいたが、寒さにもかかわらず、忘れがたいパーティーの雰囲気が漂っていた。

Pin
Send
Share
Send