旅行

トラベル2011

Pin
Send
Share
Send


私たちは旅行でいっぱいの1年を終えました。今は思い出と冒険を蓄える時です。

@Quique: 私はカスティージャラマンチャを巡る8日間の車の旅で年を開けました。それからFITURが到着し、ブログトリップのブームが始まりました。この旅行モ​​デルは数年前にすでに始まっていましたが、2011年は間違いなく、旅行先を促進するためのブログとソーシャルネットワークの使用の統合でした。今年、ブログの妥当性は、メディアノイズと明確な指標により、新しいオンラインマーケティングツールとして実証されており、2012年にはさらに進化すると予測しています。

私は遊牧民の人々と一緒にエストレマドゥーラへの旅行から始め、それからカンタブリアへの新しい旅行に着手しました。その後、スウェーデンのラップランドを発見し、私は7つの壮大な日を驚かせました。私は豪華なクルーズで初演し、ヴェネツィアとトリエステのイタリアの都市を訪れる真新しいコスタファヴォローザクルーズを初演しました。 TBM-EddyとVictoriaが非常にうまく組織している旅行ブロガーの年次会議-は、マラガで新しい力と活力を獲得しました。最近、私は独立した旅行でTopruralと美しいセビリアの手で中世のSigüenzaを発見しました。

ブログトリップは、旅行やブログの内容をブログにもたらしただけでなく、ブロガー間のつながりを強化し、長年にわたって確実に続く友情を築くのに役立ちました。

また、聖週間の間に、サルデーニャ北部とコルシカ島を巡る10日間の車の旅に出かけました。 8月に私は機会に乗って車に戻り、南フランスの秘密を発見しました。

最後の旅行で年を終える ベネズエラ。実際、あなたが読んでいるこの投稿は数日前に予定されていたので、公開時にはサーバーがベネズエラの秘密を楽しんでいます。 12月25日、ロスロケスベネズエラの楽園ビーチで新年を祝うことを目的に、渓谷にヌガーを残しました。私はすぐに私の手に持っているラム酒のグラスを持ってきて、あなたと一緒に乾杯します、遠くでもバイトの間でも!

誰でももっとお願いできますか?個人的なレベルでは、2011年は旅行でいっぱいだったので、来年も続けてください。

@Avistu: 2011年の最初の鐘が彼を京都(日本)で見つけました。ヨーロッパに戻って、彼はオーヴェルネの火山地帯を楽しみ、他の目で彼の故郷のアストゥリアスを発見し、コスタ・デル・ソルのおいしい料理でいっぱいになり、暴動後に起こった静けさを裏付けるためにチュニジアへの旅に乗り出しました。

不満、9月3日、タシケントへの片道(および返却不可)チケットがキャッチされ、それ以来、彼は中央アジアを旅行しました。彼はウズベキスタン、タジキスタン、中国、香港、ラオス、タイに足を踏み入れました。今、私たちはそれを国の南東の島、チャン島で水着を持って熱帯のビーチで楽しんでいます。

彼はまだどの月に、1日よりもはるかに少ないか、またはどのようにヨーロッパに戻るのかを知りませんが、Asia 2012カテゴリで彼の冒険をたどることができます。

@デビッド: 彼はほぼ一年を費やして世界一周をしました

Pin
Send
Share
Send