旅行

バレンシアの中央市場への訪問

Pin
Send
Share
Send


バレンシアの中央市場の外観

私は中世の非常にさまざまな場所に旅行してきましたが、私は常に地元の人々が何を食べているかを証明しようと努めてきました。あなたがいる国や地域の文化を知りたいなら、これを行うことは絶対に必要だと思います。 美食は人々について多くを語る.

まあ、あなたは私をショーヴィニストと呼ぶことができますが、私が経験したすべての種類の料理の中で、 私はまだ地中海に滞在しています.

地中海料理は 最も健康なの しかし、それはまったく退屈でもありません。そして、多種多様な果物、野菜、魚、肉に頼ることができます-分離不可能で比類のないオリーブオイルを伴う-幅広いフレーバー、色、テクスチャーを提供できますダイナーは決して疲れません。

想像力があり、味が良く、キッチンが大好きな人は、 バレンシア中央市場.

果実の色は壮観です。そしてそれらのジュース...

私がこのモダニズム様式の囲いに入るために立ち止まったことはなかった街への他の訪問で 1914年に建設が開始された FrancescGuàrdiai VialとAlexandre Soler i Marchで、どちらもバルセロナの建築学校で訓練を受けました。

今回は、ツーリスモバレンシアから提供された中央の宿泊施設(ソローラセントロホテル、北駅、ホアキンソローリャ駅と市庁舎広場から50 mの間に位置する大規模な3つ星ホテル)を利用して、中央市場

会場に入ったときに最初に私を襲ったのは 視覚強度。ここに居場所を持っている400以上の商人の位置で露出されるジャンルの色は、あなたの視野を攻撃します。この効果の主な要因は、果物と野菜のスタンドです。イチゴ、ピーマン、トマトの濃い赤。緑のアーティチョークとレタス。レモンとバナナの黄色;神話上のバレンシアのオレンジ...残りの感覚を刺激する多色性。

ここでは、スペインで流行している他の市場と同様に、フルーツスタンドも絞りたての天然ジュースを提供しています。もともともう少し指向された製品です ギリス しかし、誰もがすでに感謝しています。

ビューが におい 誰が遊びに来ますか新鮮な製品の匂いが、この小さな都市の街路を完全に、そして完全に美食に捧げています。彼らの位置は、食物の神への崇拝の神殿であり、忠実な人々はいつでも彼らに祈りを捧げる人を決める巡礼に出ます。

そして、私がそれを「小さな都市」と呼ぶとき、私は誇張していません。バレンシアの中央市場は、 1500人 家族や企業のために購入します。市内で最高のレストランの多く-BerndKnöllerRiffなど

Pin
Send
Share
Send